2006年8月22日 (火)

劇団四季の「鹿鳴館」を観て

芝居を観るのは結構好きです。
見る本数は年に1、2作品なのでたいしたこと
ないし、観るのは最近は劇団四季ばっかりです。
だからあんまりえらそうなことはいえないけど、
これでも学生時代に芝居をすこしかじったことが
あるので、多少は分かっているつもり。
同じサークルの二学年下の後輩にミュージカル
中心に活躍し、NHKのドラマにも主演したことのある
男優がいるくらいなので。(ちょっと自慢)

さて、今回は三島由紀夫原作の「鹿鳴館」を観て
来ました。
四季にしてはストレートプレイをやるのは珍しいなと
思ったら、もともとはストレートプレイをやる劇団として
スタートしたのですね。ミュージカル路線は80年代に
入ってからとか。
それはともかく「鹿鳴館」。原作は事前に読んでおきました。
極力、効果は排除して、演技で見せる演出であり、
よい作品になっていたと思います。中でも影山伯爵役の
日下武史はさすが、という演技でした。主演の朝子は
自分のエゴのためにさしでがましくでしゃばってしまった
がために、かえって影山の策略にはまってしまい、
思いもよらない皮肉な結末をむかえてしまう訳です。
この策略家、しかしながら嫉妬に突き動かされてしまった
伯爵をすごくよく演じていました。
ラストの影山と朝子のせりふの応酬はやや抽象的なので
原作で予習しておいたほうがいいと思います。

カーテンコールのところで2回目に幕があいたときには
三島由紀夫の写真パネルが釣り下がっていたところは
仕掛けてるなあって思いました。

| | コメント (1107) | トラックバック (269)

2006年7月17日 (月)

祇園祭へ行ってきました

昨日、京都の祇園祭を観にいってきました。
この日は夜から各鉾や山に提灯の明かりが入って
お囃子が打ち鳴らされる様子が見れる「宵山」でした。
街はすごい人出で、報道によると、40万人を超えたとか。
天気は蒸し暑く、時折雨がぱらついたけど、長続きせず、
ゆっくり観覧できました。
山車が安置されるだけでなく、街の界隈の各家で
秘蔵の家宝を公開している家が何軒かあり、祭りを
個々人のできることで華を添えていました。
でも、山車はやはり動いてこそ。
今日は山車が街を引き回される山鉾巡行だったのですが、
あいにくの雨でどうだったでしょうか。
今度はこの巡行を見たいと思います。
Dsc00552

祭りの前に早めに京都へ入って、毎度おなじみの
寺社めぐりと朱印帳へご朱印をもらってきました。
今回は、三十三間堂(蓮華王院)、知積院、清水寺、
六波羅蜜寺を回ってきました。特に六波羅密寺は
小さな寺ですが、宝物に、空也上人像(念仏を唱える
空也の口から六体の仏が出ている像)や、僧形の
平清盛像という歴史の教科書にもよく載っている
有名な像を見ることができます。

| | コメント (8) | トラックバック (59)

2006年7月12日 (水)

「風と共に去りぬ」を読んで

たまたま僕のかみさんの実家へ遊びに行ったとき、
本棚にしまってあったのを借りて読み始めたのが
きっかけでした。こういう古典はなかなか読む気を
おこさせるきっかけがないものですが、いいきっかけに
なりました。

さすが名作でした。南北戦争を時代背景にスカーレット
オハラが人生に、恋に、結婚にもがき苦しみながらも
強く生きていくさまを描いてます。
スカーレットと「永遠の恋人」だったアシュレと
レットバトラー、そしてスカーレットと
アシュレとアシュレの妻であるメラニーという二つの
三角関係が織り成す人間模様がすさまじい。

1~3月のTBS系のドラマ「白夜行」のなかで、犯人の
少年少女がこの本を読んでおり、刑事役の武田鉄矢が
少女に向かって、「スカーレットオハラのように生きたいのか?」
なんて聞くせりふがありました。でも、実際のオハラは
「白夜行」の雪穂の人生なんてもんじゃない。もっと強烈な
自我をつらぬき、それでいて人のことが分かっていない
子供で、周囲をあらぬ方向へ巻き込んでしまうという
結構とんでもない女です。

新鮮だったのは、日本人にとって見れば奴隷解放の戦争
と捉えている南北戦争について、南部側の視点で描かれている
こと。南部人にとっては黒人はたんなる使役でこき使った
労働力としての奴隷ではなく、家族の一員として密接な
人間関係を築いていた存在であったことがよく分かります。

文庫の巻末の解説を読んで初めて知ったけど、作者の
マーガレットミッシェルにとって本作は処女作で、
たったこの1作しか世の中に残さずに49歳で自動車
事故で亡くなったそうです。

| | コメント (20) | トラックバック (2929)

2006年5月14日 (日)

神田祭りに行ってきました

今日は神田祭りに行ってきました。
これは神田明神が行っている例大祭で、本来、2年に一回
行われており、昨年は開催しているため今年は開催されない
年です。ところが平成16年から神田祭がない年に陰祭りという
位置づけで大神輿渡御という名目で執り行われることになり、
今年はその第2回目ということです。
ほぼ一日かけて神田明神を出た神輿が神田、秋葉原界隈を
担がれてまた神田明神に戻ってくるという行程です。
僕らが観たのは午後2時過ぎで、秋葉原の駅近辺を担がれて
いるところでした。「DSC00480.JPG」をダウンロード
電脳街を昔ながらのいなせなはっぴ姿の男たちが威勢よく
神輿を担いでいくというマッチングはなかなか見ものでした。

さて、今日のビクトリアマイル。完全に馬券の組み合わせが
合いませんでした。本線は1-6-18の三連複で、
馬連は1と6を軸に13、15、16を連下にして買いました。
つまり、信頼していたラインクラフトがよもやの馬群に
沈んでしまい、組み合わせとしては外れ。残念。

我らがドラゴンズ、今日も勝った!しかも5-0の完封勝利。
朝倉が投げきった。これで先発ローテも楽になるかな。
もう、楽天にはお客さんとは言わせない。ついでに巨人、
阪神も負けてくれてゲーム差も縮まった。
昨日から1番は井端なんだね。

| | コメント (1) | トラックバック (48)