« 2006年7月 | トップページ

2006年8月22日 (火)

劇団四季の「鹿鳴館」を観て

芝居を観るのは結構好きです。
見る本数は年に1、2作品なのでたいしたこと
ないし、観るのは最近は劇団四季ばっかりです。
だからあんまりえらそうなことはいえないけど、
これでも学生時代に芝居をすこしかじったことが
あるので、多少は分かっているつもり。
同じサークルの二学年下の後輩にミュージカル
中心に活躍し、NHKのドラマにも主演したことのある
男優がいるくらいなので。(ちょっと自慢)

さて、今回は三島由紀夫原作の「鹿鳴館」を観て
来ました。
四季にしてはストレートプレイをやるのは珍しいなと
思ったら、もともとはストレートプレイをやる劇団として
スタートしたのですね。ミュージカル路線は80年代に
入ってからとか。
それはともかく「鹿鳴館」。原作は事前に読んでおきました。
極力、効果は排除して、演技で見せる演出であり、
よい作品になっていたと思います。中でも影山伯爵役の
日下武史はさすが、という演技でした。主演の朝子は
自分のエゴのためにさしでがましくでしゃばってしまった
がために、かえって影山の策略にはまってしまい、
思いもよらない皮肉な結末をむかえてしまう訳です。
この策略家、しかしながら嫉妬に突き動かされてしまった
伯爵をすごくよく演じていました。
ラストの影山と朝子のせりふの応酬はやや抽象的なので
原作で予習しておいたほうがいいと思います。

カーテンコールのところで2回目に幕があいたときには
三島由紀夫の写真パネルが釣り下がっていたところは
仕掛けてるなあって思いました。

| | コメント (1107) | トラックバック (269)

早実対駒大苫戦 観戦記

とうとう行ってきました。甲子園。
暑かった、そして試合も熱かった。
僕は当然、早実側といってもアルプス席は
すでに売り切れだったため、三塁側内野特別席で
アルプス席との境のフェンス側の席に座りました。
神宮の六大学野球を彷彿とさせるようなというか、
早実が本家の早大のコピーをしているから当たり前
だけど、そのまんまの応援に、学生に戻った気分でした。
でも、校歌は知らなかったので斉唱できなかったが。

展開としては常に早実が先手をとり、投手の斉藤が
要所をピシッと抑えたが流れでした。失点もホームランのみであり、
ランナーを貯めてじわじわと加点されるパターンではなかったため
割と安心してみていられました。
しかしながら、斉藤の力投には頭が下がります。素晴らしい気力。
バックを、チームメートをひたすら信じたことが力投の支えだった
とか。たいしたものです。
Dsc00702 しかし、応援団ですが、
優勝の喜びのあまり、
ちょっとした失態を
していました。
勝利チームがエールを
したあと、敗退チームが
エールを送ることでエールの
交換が成立するのですが、
駒大苫がエールを切って
いる最中にブラスバンドが
紺碧の空を演奏し
始めて駒大のエールをかき消してしまっていました。
途中で気づいて演奏は中断しましたが、ちょっと後味悪かったな。
試合後、早実の団長はちゃんと駒大に謝っていただろうか。

僕が大学生のころに生まれた子たちに勇気をもらった夏でした。

| | コメント (80) | トラックバック (175)

2006年8月20日 (日)

高校野球決勝の再試合

今日は第88回高校野球選手権大会の決勝、駒大苫小牧×早稲田実業
でした。三連覇を狙う、駒大苫か、初の優勝を狙う早実か、という焦点
でしたが、試合はまさに激闘でした。今大会は打撃戦が主でしたが、
行き詰る投手戦。チームのレベルが高次元で拮抗すると、投手戦に
なるというパターンのお手本のような試合でした。
高校野球は久しぶりに1試合まともに見たけれど、やっぱりいいな。
ひとつひとつの動きに勝負をかけている必死さはかえって新鮮でした。
思わず、明日の再試合を現場へ見に行く気にさせてしまいました。
僕としては、早実の六大学野球に則った応援パターンが非常に
懐かしかった。

| | コメント (117) | トラックバック (110)

2006年8月13日 (日)

「クライマーズ・ハイ」を読んで

この小説は、昨年末にNHKでドラマ放映されました。
主人公の新聞記者に佐藤浩市を配し、とても
緊迫感ある展開で構成されており、久しぶりにNHKらしい
骨太なドラマに仕上がっていました。
その印象をもちながら原作を読んでみました。
改めて思うのは、ドラマは原作をかなり忠実に再現
していました。主人公の悠木と佐藤浩市ははまり役でした。
そして共同通信から配信されるニュース速報や当時の
ニュース映像などをふんだんにつかい、非常にリアリティ
あるドラマであったと改めて思います。

原作は当たり前ですが、心理描写が非常に濃密でした。
「下りるために登るんさ」という言葉を残して植物状態に
なってしまった同僚の安西、その安西とクライミングのために
出発するはずだった日に御巣鷹山の日航機墜落事故が
発生。この事故に対しても新聞記者らしい複雑な心境が
吐露されてます。始めは、行方不明だった日航機が、
群馬でなく隣県の長野県に落ちて欲しいとひそかに願って
いたこと。記事の大半は共同通信からの配信に頼らざるを
得ない地方紙が全国紙に対していかに存在感を出すのか、
といったつらさ。部下に嫌われたくないと思ったことがかえって
不信感をもたれてしまうという中間管理職の立場。
しょせんは「もらい事故」である惨事に対して報道者はどのような
距離感で接すればいいのかという苦悩。涙ながらに報道する
テレビのアナウンサーに対して、「泣くのは遺族の仕事だ」という
言葉は報道者の偽善に対するストレートな批判です。
悠木が新聞社を去ることを決意しようとした時に、同僚や
後輩たちとのぶつかり合いは思わず涙してしまいました

事故の報道に忙殺されるシーンと、安西の息子と、クライミングを
チャレンジする現在とのシーンの対比も秀逸でした。
クライミングを通じて、安西が本当に残したかった言葉の意味が
分かってくる、ここがミステリーのジャンルに属する理由だと
思いますが、濃密な人間ドラマとしても通じる構成力、心理描写、
そしてリアリティです。作者も群馬で日航機事故を経験したことが
大きく投影されており、横山秀夫氏でなければ書けなかった
題材といえるでしょう。
僕にとっては最高傑作のひとつに挙げられます。

| | コメント (62) | トラックバック (64)

2006年8月 5日 (土)

「博士の愛した数式」を観て

本作はレンタルビデオで観ました。
映像を見る前に原作を読んでいました。
原作は大変おもしろかったです。
ごく普通の家政婦からみた一風変わっていて
ちょっととっつきにくい、というかそもそも記憶に
障害があるのだから仕方ないですが、そういった
数学者とのはじめはぎこちなかった付き合いが
徐々に打ち解けあい、子供のルートがある種の
絆となってついには「友人」関係まで築いてしまう。
その絆のスパイスに数学の定理や公式や数式が
ちりばめられていて、絶妙に連携がとれている。
本当に心温まる作品でした。

さて、映画の本作。
配役は僕の小説を読んだキャラクターのほぼイメージに
ぴったりでした。家政婦の深津絵里、教授の寺尾聡、
これははまり役だとおもいました。
しかし、教授のほほえましいキャラクターを示すエピソードが
かなり削られていることが非常にもったいなかった。
たとえば選手カードへのこだわり。教授の誕生日プレゼントは
苦心して買い求めた江夏のレアカードだったのに、
映画ではあっさりとスタジアムジャンパーに変わってる。
球場への野球観戦はルートの所属する少年野球の試合。
原作の阪神戦でのエピソード、特に球場の売り子に
ひそやかな恋心を抱くところは僕は大好きだった。
それとか言葉を瞬時にして逆さまに並べ替えることができる
特技を自分の都合の悪いときに披露することとか、すっかり
カットされてる。
ルートが成人した姿である吉岡を出して数式の解説をするっていうのも
アイデアとしてはよかったけど、もっと博士のキャラクターに
焦点を当ててほしかった。
監督の小泉堯史の「雨あがる」や「阿弥陀堂だより」はすごく
しっとりした空気が漂ういい作品で好きだったのだが、
この作品はちょっと小粒すぎたな。「阿弥陀堂だより」も
原作を読んでしまうと、がっかりするんだろうか。
本作品の評価★★★☆☆

| | コメント (247) | トラックバック (97)

2006年8月 2日 (水)

「ハリーポッター 謎のプリンス」を読んで(ネタばれ注意)

これまでこのシリーズを読んできました。
原作者のローリングが言っているように前作にも増して
暗く悲しい内容でした。ある種の息抜きであったクィディッチの
シーンもハリーがせっかくチームのキャプテンになったのに
あまり活躍の場面がなく、肝心の決勝戦ではハリーが
欠場したにもかかわらず優勝してしまいます。
全体的に宿命の相手であるヴォルデモード卿の過去の謎を
暴いていくことが話しの骨になっています。
前作や前々作にあったような恋や人間関係に悩める少年の
姿はあまり出てきませんでした。サブキャラクターがこれまでは
生き生きと活躍していたのですが、本作はある意味原点回帰
ともいえるのですが、ハリーとヴォルデモートとの対決に
向けた序章の位置づけです。やや、ジニーとの恋に踏み切るか
どうかに悩んでいるけど、それは気の使いすぎだろうって。
ロンとハーマイオニーが徐々にいい関係になっていくところを
垣間見る心理描写にはちょっとほろ苦さもちりばめられては
いました。
でも、今作はあくまで最終章へ向かう序章の位置づけ感が
強かったです。いつもの、完結型の謎解きはあまりなかったし。
そもそも謎の解決をしてくれるはずのダンブルドア校長が・・・・
ですから。でも、訳者の松岡佑子さんがあとがきで書いていたけど、
最終章でダンブルドアがあっと驚くことをしてくれる予感もします。
このままでは終われないのではないか、あの校長ならば。

次巻は、ホグワーツが舞台にならないようだから、だいぶ
お約束の場面がなくなり、かえって新鮮ではあるけど、
場がもつだろうか、なんて思ったりして。すでに原作者は
ハリーにとって大切な友人が死ぬとも明かしています。
すでに執筆されている最終章へはどのように収斂していくのか、
あと1年待ちましょう。

| | コメント (18) | トラックバック (116)

« 2006年7月 | トップページ