« 星を背負うもの | トップページ | 腰が引けた日本人サポーター達 »

2006年6月19日 (月)

歴史の積み重ね

W杯予選、対クロアチア戦、結局スコアレスドローでした。
両国とも再三のチャンスをいかせきれなかったお互い様の
結果でした。残りブラジル戦に可能性を残すとはいっても
ほぼ可能性はなくなったというのが正しい判断でしょう。

しかし、予選突破はどんな国でもそんなに当たり前なことでは
ありませんでした。前回のアルゼンチンやフランスのように
優勝経験国でさえ、予選敗退の苦杯をなめています。
それが2回前のW杯でようやく初出場を果たした新興国が
予選敗退で何をがたがたいうんでしょうか?長い目で見れば
これも日本が将来、強豪国に仲間入りするための歴史の
積み重ねなのだと思えば、見守ってやろうと思えるんじゃないかな。
ここまでくれば、次戦では、勝ちというよりは、得点を入れれるか、
ブラジルをいかにあせらせることができるか、ということを
焦点にすべきかな。

|

« 星を背負うもの | トップページ | 腰が引けた日本人サポーター達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101745/2281427

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の積み重ね:

« 星を背負うもの | トップページ | 腰が引けた日本人サポーター達 »